資格取得支援ありの保育士求人で資格取得を目指すには

共働き世帯の増加に伴い、保育園に入りたいのに入れない待機児童が増加しています。人口の集中している都市部では、保育施設と保育士の不足による待機児童の増加が深刻です。待機児童の解消は喫緊の課題となっており、官民をあげての取り組みが行われています。
保育士は児童福祉法にもとづく名称独占の国家資格です。保育士を名乗るには資格が必要ですが、資格を持っていなくても保育の仕事につくことは可能です。
保育の現場では、国家資格があると正社員になれたり、待遇がよくなったり、子どもに接する機会も多くなります。そのため、働きながら資格取得を目指す人も増えています。
こう言った背景から、厚生労働省では人材育成に力を入れている企業に対する支援策を打ち出しており、企業の中には資格はなくても意欲のある人に向けて資格取得支援ありの保育士求人を行っているところも増えてきています。

保育士資格を取得する方法

保育士資格を取得するには、保育士養成学校に通う方法と国家試験を受験する方法の2つがあります。保育士養成学校は厚生労働大臣が指定した保育士育成のためのカリキュラムを学べる学校です。保育士養成学校には大学、短大、専門学校の3種類があり、いずれも卒業すれば保育士の資格を取得できます。
保育士養成学校に通わなくても国家試験を受けて合格すれば保育士になることが可能です。国家試験は大学、短大、専門学校の卒業が受験資格となっていますが、保育に関係する学部学科である必要はありません。高卒や中卒の場合は、児童福祉施設での実務経験が必要です。国家試験は4月と10月の年2回実施され、筆記試験と実技試験があります。筆記試験は8教科9科目でマークシート形式です。すべての科目で6割以上得点する必要がありますが合格は科目別に判断され、一度合格すれば3年間は有効となります。
筆記試験にすべて合格すると実技試験を受けられます。事前に課題が発表される科目があること、筆記試験後に準備期間があることから対策しやすく、合格率も8割前後と高めです。

保育士資格は働きながら取得できる

保育士の国家試験は受験年齢や回数に制限はありません。筆記試験は一度にすべての科目に合格する必要がなく、3年間かけて合格を目指すと言ったことも可能です。働きながら自分に合った方法で勉強すれば、資格取得を目指しやすいでしょう。高卒や中卒の場合には、働きながら受験に必要な実務経験を積むこともできます。
保育の現場でお給料をもらいながら経験を積めることは、働きながら資格取得を目指す最大のメリットです。実際に子どもと接することが出来るので、資格取得へのモチベーションも高まります。資格を取得すれば転職に有利なのはもちろん、待遇がよくなる可能性もあります。
働きながら資格取得を目指すには、資格取得支援ありの保育士求人で仕事を探すのがおすすめです。保育の仕事に特化した、検索条件を絞り込みやすい求人サイトなどをうまく活用しましょう。

たくさんの求人情報・役立つコンテンツ・おもしろコンテンツを用意しているサポナビを是非ご利用ください。 サポナビが紹介した企業に入社した方全員にお祝い金の贈呈をしているので、是非対象求人に応募しましょう! 【あなたの街で働こう】をコンセプトに掲げているサポナビで素敵な求人を見つけましょう! サポナビはお問い合わせフォームにより24時間お問合せを受け付けているのでお気軽にご相談ください。 資格取得支援の保育士求人ならサポナビにおまかせ