コラムの記事一覧

SFAの導入でのコスト管理と費用

SFAの導入は将来の自社の業績にも関わりますし、システム導入でも費用も掛かります。また安ければよいというものではなく、安かろう悪かろうでは役に立たないということもあり、やはり自社に一番相性の良いコストパフォーマンスの良いシステムを導入することが一番良いようです。あくまでも使いやすさと、費用から見たコストパフォーマンスの良いシステムが必要になります。身の丈に合ったシステムということも費用面から見た導入の重要なポイントです。

機能がたくさんあれば、費用も高くなるのは当然ですが、それを使いこなせるかや、使う必要がある規模なのかということもポイントです。導入の時にシンプルなスタイルで導入しておき、後からオプションで増やしていけるというシステムや、他の必要なシステムを人材がいれば自作して導入するということもできます。そのようにいろいろ工夫ができます。

また将来の発展のためには、どうしても必要なシステムという場合もあり、長期的な視野で導入するという場合もあります。それは同業他社の規模が大きな企業などを参考にしながら吟味するということも必要になります。費用面からも目先だけではなく将来も考えてシステムの導入をすると、誰もが納得して利用するようになります。その点もよく考えて導入する必要があります。

詳細情報へ


SFA導入で業務効率化

営業支援システムSFAは、業務効率を向上させるためには欠かせない物です。一昔前の営業は、熟練の経営者の経験と勘によって行われていました。しかし、現在では市場の動向を論理的に分析し、顧客のニーズに沿った経営を行うと言った風に変わってきました。つまり、営業をするうえで情報がかなり重要な物になってくると言うことです。SFAは情報収集や情報伝達において必須になります。

SFA導入のメリットは、営業に関するありとあらゆる情報を共有できるようになることです。例えば外部企業に商談の打ち合わせに行ったとして、本来であれば戻ってから打ち合わせの報告をするのですが、SFAを導入していれば携帯電話から書き込むだけで報告が完了します。このように情報伝達速度をかなり早められるため、業務効率化に繋がります。

最近のSFAは多機能になっており、さらに利便性が増しています。導入するとなったら多機能の物を選ぶ人が多いでしょう。しかし、多機能ゆえに不要になる機能も少なからずあります。コストの面から見ても不要な機能が多い物は避けなければなりません。導入の前に本当に自分たちに向いている物であるのかをよく確かめましょう。それが失敗しないコツです。

詳細情報へ