SFAの導入でのコスト管理と費用

SFAの導入は将来の自社の業績にも関わりますし、システム導入でも費用も掛かります。また安ければよいというものではなく、安かろう悪かろうでは役に立たないということもあり、やはり自社に一番相性の良いコストパフォーマンスの良いシステムを導入することが一番良いようです。あくまでも使いやすさと、費用から見たコストパフォーマンスの良いシステムが必要になります。身の丈に合ったシステムということも費用面から見た導入の重要なポイントです。

機能がたくさんあれば、費用も高くなるのは当然ですが、それを使いこなせるかや、使う必要がある規模なのかということもポイントです。導入の時にシンプルなスタイルで導入しておき、後からオプションで増やしていけるというシステムや、他の必要なシステムを人材がいれば自作して導入するということもできます。そのようにいろいろ工夫ができます。

また将来の発展のためには、どうしても必要なシステムという場合もあり、長期的な視野で導入するという場合もあります。それは同業他社の規模が大きな企業などを参考にしながら吟味するということも必要になります。費用面からも目先だけではなく将来も考えてシステムの導入をすると、誰もが納得して利用するようになります。その点もよく考えて導入する必要があります。