資格取得支援あり保育士求人の勉強方法

資格取得ありの求人で仕事を探し、働きながら資格取得を目指す場合、勉強方法は主に独学、通信講座、夜間学校の3つがあります。保育士試験は参考書や過去の試験問題なども販売されており、それらを購入して勉強することで合格を目指すことも可能です。特に、筆記試験は独学でも合格しやすい傾向にあります。独学はテキスト代だけで済むので費用が抑えられることが最大のメリットです。
効率的・体系的に学びたい場合には、通信講座を受講するという方法もあります。独学に比べ費用はかかりますが、短期間の勉強で合格できます。中には半年の勉強で合格する人もいるほどです。
国家試験を受けなくても、厚生労働大臣指定の保育士養成学校に通えば、保育士資格を取得できます。働きながら通う場合には、専門学校の夜間コースや通信制大学などが主な選択肢となるでしょう。オンラインで受講可能な通信制大学は、大卒の資格が得られることもメリットです。

仕事と勉強を両立させるには

保育士の筆記試験は合格率が2割前後となっています。ただし科目別合格の利用者がいることを考えると、難易度は必ずしも高いとはいえません。年に2回受験できるので、トライしやすいと考えることもできます。
資格取得支援ありの保育士求人で働きながら合格を目指すには、モティベーションの維持と計画的に勉強を進めることが重要です。毎日決まった時間に勉強することや1カ月単位でノルマを設定するなど、スケジュール管理がポイントになります。周囲に資格取得を目指していることを宣言するのもよいでしょう。保育園で働くことは、実技試験の勉強にもなります。
独学に不安がある場合には、スクールに通うのもひとつの方法です。対面で学べるのはもちろん、同じ目標を持つ仲間がいるのでモチベーションも保ちやすくなります。
受験資格となる実務経験は高卒で2年以上かつ2,880時間以上、中卒では5年以上かつ7,220時間以上です。満たすのが難しい場合には、保育士養成学校の夜間コースへの通学も検討してみましょう。

自分のペースで学べる通信講座

学生と違い社会人が仕事をしながら勉強をするためには、限られた時間の中で効率的に進める必要があります。保育士試験の勉強におすすめなのが通信講座を受講する方法です。
市販の参考書で勉強する場合はわからないところがあっても質問することが出来ず、フィードバックが得られないので間違って覚えてしまうと気づきにくいこともあるでしょう。通信講座のテキストは市販の参考書に比べ内容が充実しており、筆記試験の内容を網羅しているのはもちろん、実技試験にも役立つ内容が収録されたCDなどが付属していることも多くあります。疑問点についてはメールなどで質問することも可能です。課題を提出すれば添削して返却されるので、間違いに気づくことができます。
資格取得支援の内容は、求人企業によりさまざまです。資格取得支援ありの保育士求人で仕事を探す場合には、支援の内容についてもチェックするようにしましょう。